TOPへ

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺について
脳幹から細い孔を伝って顔に至る顔面神経は、表情など顔の動作をつかさどる末梢神経と涙や唾液の分泌などをつかさどる副交感神経、味覚神経などで構成されています。
この神経がどこかで障害されることによって、顔がゆがんだり、頬がたるんだり、口角が下がりっぱなしになったりと様々な症状があらわれます。
原因の多くはウイルス感染によるもので、とくに一般的なものはヘルペスウイルス(HSV)感染による突発性顔面麻痺、水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)によるラムゼイ-ハント症候群で、この2つの感染症でおよそ全体の7割5分程度をしめています。
とくにラムゼイ-ハント症候群は顔面の帯状疱疹で症状が強く、顔面の麻痺とともに耳の痛みや水疱ができるような症状もあらわれることがあります。
麻痺が進むと日常生活に大きく影響がでるようになります。また、発症後2週間経過すると神経が変性して元に戻らなくなりますので、症状に気づいたら早めに専門医を受診することをお勧めします。

顔面麻痺の症状

  • 顔の片側どちらか半分に力が入らない
  • 鏡を見ると、顔の片側が歪んでいる
  • 眉毛を吊り上げることができない
  • 上まぶたが下がってきて視野が狭くなる
  • 片方の目を閉じることができない
  • 片頬が垂れている
  • 笑顔を作ることができない
  • うまくしゃべることができない
  • うがいの際や食事などを口からこぼしてしまう

など

顔面神経麻痺の
ブロック注射

顔面神経麻痺のブロック注射消炎作用のあるステロイド薬の適正使用です。それに加えて、ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスが原因の場合は抗ウイルス薬が有効です。
ペインクリニックでは、それに加えて、首の前側の付け根、肩甲骨(内側の端の上あたり)にある星状神経節に神経ブロック注射を行うことが有効です。星状神経節は上半身の神経をつかさどっている部分で、ここをブロックすることで顔面の神経の異常な興奮が治まり、神経へダメージが蓄積することが抑制できます。これによって血行が改善する効果があります。
ブロック注射もできるだけ早めに行うと効果的ですので、症状にお困りの際はできるだけ早めに受診してください。

予約はこちら

まずは以下のいずれかよりご予約の上、
WEB問診の入力にご協力をお願いします。

多汗症外来はこちら

手汗・足汗・脇汗などでお困りではありませんか?
多汗症でお困りの方はお気軽にご相談ください。